フリーローンの金利はどうやって決定されるのでしょうか?

フリーローンの金利を見ると「年利4〜18%」まで見かけます。

 

これだけ見ると、ある人はたったの4%でフリーローンを利用出来るのに、何故別の人は年利18%も払うのだろう?と疑問に思ったりしませんか。

 

この差はなんなのでしょうか?ローンを組む際には銀行でも消費者金融でも金利を決めるためにスコアリングという方法を使います。下記の事項が点数によって評価され、その利用者の信用度をはかるというものです。

 

・年収

 

・現在の借り入れ額

 

・会社社員か自営業か

 

・過去に延滞等の事故はないか

 

・担保に出来るような土地や家があるか

 

といったものです。

 

これを点数で表し、その数字によって金利がどう設定されるかが決まります。このスコアリングはただ単に金利を決めるためのものではありません。

 

低収入で他にも借金があるなどという場合はスコアリングの点数が当然低くなり、そのような場合は審査が通らなくなります。この点数が低ければ、きちんと返済してくれない可能性が高いからです。

 

低い金利で借入れできる例とできない例

 

例えば、大きな会社の役員で、家を持っていて、収入も申し分なく、今まで組んだローンはきっちり返している、などという場合は金利も低く借りることが出来るのです。

 

なぜかと言うと、貸す方側からすれば、きちんと利子も払ってくれ、この先もずっと気持ちよい付き合いが出来る相手であれば、その感謝の表れとして低金利で貸すということになるのです。

 

その逆のパターンでは、高収入であってもクレジットカードやローンの滞納が過去にあり、自営業だったりすると、この先本当にずっと信用して良いのかどうか、と疑問も出来るため、信用度は下がり、金利は上限ギリギリの高い金利となってしまうのです。

 

今まで過去にお金を借りたことがない、という人ですと過去の実績も事故もないため、ほとんどの場合は一番高い金利に設定されます。

 

実際にお金を借りた場合、返済するのは年収でも家でも土地でもなく、その人自体です。人としての信用実績を積み重ねるまでは金利は高い、ということを覚えておきましょう。