カードローンとフリーローンは別のローン?

「用途自由」のローンを調べていると、カードローンとフリーローンの2種類が見つかります。

 

フリーローンは「用途自由のローン」を幅広く指す言葉なので、カードローンはフリーローンのカテゴリーに入るローンとなりますが、通常は、カードローン以外の用途自由なローンのことをフリーローンといっています。

 

カードローンとフリーローンの違いは以下の通りです。

 

1番:カードローンは融資限度額内なら繰り返し借りられるが、フリーローンは1度借りたら返済し終わるまで追加の融資は受けられない

 

2番:カードローンに比べ、フリーローンの方が金利は低め

 

3番:審査はカードローンのほうが厳しい傾向にある

 

順番にもう少し詳しく説明していきます。

 

カードローンの利用

 

カードローンは「何度でも繰り返し借りられる」ということが最大のメリットです。限度額が30万円だとしたら、今日10万円借りて、明日5万円借り、返済日に最低ノルマである1万円を返して、また3万円借りる、というような使い方ができます。借りている総額が30万円以下で、月々の返済がきちんと行なわれている限りは、自由に借りることができるわけです。

 

フリーローンの利用

 

フリーローンと呼ばれるローンの場合は、30万円なら30万円の定額融資を1度受けたら、あとは返済するのみ。もし同じフリーローンでさらにお金を借りたいという場合には、まず30万円を返し終わる必要があります。

 

次に金利ですが、自由度が高いカードローンのほうがフリーローンに比べて高めです。同じ理由で審査もカードローンのほうが厳しいのが一般的です。また、返済も、カードローンが借入残高に応じて額が変わる残高リボルビングが主流であるのに対して、フリーローンは元利均等を採用していることが多いです。