銀行のフリーローンの4つのメリット

銀行のフリーローンの4つのメリット

 

フリーローンは大きく二種類に分けられます。銀行フリーローンとその他の金融機関のフリーローンです。

 

多くの人はまずは銀行のフリーローンを希望sする方が多く見られますそれは、下記の4つのメリットからと考えられます。

 

制限のない借り入れ金額

 

銀行フリーローンの最大メリットは「総量規制」という法律の適用外であるという点です。総量規正とは、年収の3分の1以上は貸し出しをしてはいけないという法律のことです。

 

つまり銀行フリーロンではない、消費者金融などのフリーローンの場合、例えば150万円しか年収のない人は3分の1にあたる50万円しか借り入れができないということです。

 

しかし銀行のフリーローンでは年収が150万円のしかなくても、資産を保有する家族が担保人になっている場合や、親が購入した持ち家がある場合など、今まで返済遅延の記録がないなどの条件があれば、実質50万円以上の借り入れを出来るケースがあります。

 

低金利

 

通常、銀行のフリーローンは一般の銀行は金利が1年で4〜15%ほどです。 その他一般の消費者金融のフリーローンは金利が1年で4〜18%ほど、と銀行フリーローンより金利が高く設定されています。

 

それほど大きな差がないように感じられるかもしれませんが、実際は借入者のほとんどが最高金利に近い年利での貸し出しになるので3〜5%の開きが出ることになります。

 

これは1年単位で考えると、かなり大きな金額です。

 

接客態度

 

容易に想像がつくことと思いますが銀行と、その他消費者金融では、入社後の社員教育はどちらのレベルが高いでしょうか。銀行の方が、消費者金融よりも社員教育を徹底しており、安心して取引ができます。

 

返済の便利さ

 

銀行のフリーローンは、借り入れの返済をもちろんコンビニのATMでも行なうことができます。しかし銀行以外のフリーローン返済方法は、直接店舗へ出向くか、ショップ横のATMに行かなければ借り入れ返済が出来ません。