おまとめローンを選ぶときに注意する事

生活費や事業資金などを捻出するため、急ぎで融資を申請していると無計画な借り入れを行いがちです。

 

結果、数社のフリーローンを利用する状況になる人も少なくありません。しかし、複数の貸金業者を利用すると、返済日や口座がバラバラで管理がしづらくなります。

 

引き落としのミスや遅延の原因にもなりますし、一回一回の手数料もばかになりません。また、最悪の場合、正しい判断が行えず、自転車操業に陥ってしまうケースも有ります。

 

自転車操業を続けていても借金が無くなるわけではありません。根本的な見直しが必要です。

 

借り換えで借入れ先を一本化

 

借金の見直しに最も効果的なのは、借り換えを行い借入先を一つにまとめることです。一つにまとめることにより、金利が低くなり、合計の返済額が減ります。また、返済の見通しがはっきりしますし、精神的にも楽になるでしょう。

 

最近では、ほとんどの銀行および消費者金融で「おまとめローン」の契約を受け付けています。しかし、貸金業者によって条件や内容も様々です。

 

おまとめローンを選ぶ時に、最も重要なのは金利の低さでしょう。多くのローン契約がそうであるように、おまとめローンもやはり銀行系の方が消費者金融系よりも低い金利となっています。

 

銀行系おまとめローンは審査が厳しい!

 

とりわけ、合計の借入額が100万円程であれば金利の低さにより、確実に返済総額を減らすことが出来るでしょう。

 

しかし、銀行系おまとめローンでネックとなるのが審査の厳しさです。借入総額や年収などの条件によっては審査を通らないことも珍しくありません。審査に落とされた場合、その情報は暫くの間、信用情報機関に残り共有されます。その結果、ほかの金融機関でも借りにくくなる可能性があります。

 

そのため、もし、銀行系の審査に不安がある場合には、一か八かで銀行に申し込みを行ってはいけません。消費者金融系のおまとめローンを利用しましょう。

 

その場合には、アコム、プロミス、モビットなど、銀行と提携している大手の消費者金融を利用すると安心でしょう。