年収が決定するカードローンの限度額

カードローンに申し込む際に最も気になる点は、いったいどの限度額がどの程度に設定されるかです。限度額が高ければ高いほど、使い道に幅が出てくることもあり、出来れば限度額は高いほうがいいと思うのが普通です。

 

カードローンの広告や案内などで限度額が高かったので、申し込んだとします。しかし審査に通り実際に契約してみると、限度額は思ったほど高くなかったということもよくあります。ではこの限度額はどのようにして決定されるのでしょうか。限度額の決定にもっとも大きく関わってくるのは、申し込んだ方の年収です。

 

返済能力は年収で計られる

 

カードローンの審査でもっとも重要視されるものの一つが年収、社会的信用度や返済能力を計るためには、年収について調べるのが一番です。

 

継続して安定した収入にある方に関しては、返済能力にも問題ないと判断され、逆に収入の面ですこし不安のある方に関しては、月々の返済能力が十分ではないと判断されることもあります。そのため年収が平均よりも少し少ない場合、限度額が多少低く抑えられることもありえます。

 

総量規制によって規定される借入れ額

 

銀行カードローンは別ですが、消費者金融のカードローンは貸金法によって、各利用者に年収の3分の1以上の貸付を行うことは禁じられています。

 

これは一般に総量規制と呼ばれる規定で、利用者は一社からにしろ、複数の会社からにしろ、年収の3分の1以上の借入れを行うことは出来ません。すなわち年収の多い人ほど、借入れ額を大きく出来るということになります。

 

年収がアップすると、それにつれて限度額をアップすることも可能

 

はじめは低い限度額から開始した借入れも、年収が上がるに従って、カードローンの利用限度額をアップさせることも十分可能です。とくに毎月の返済をきちんと行っている方に関しては、貸付けている側からすると優良な顧客ですので、申し出があった場合には限度額アップに応じてくれることも多いといえます。

 

借入れ及び返済に関しては、貸付ている側との相互の信頼関係も重要です。毎月決められた返済日をきちんと遵守するようにしながら、年収がアップしたときなどには限度額アップの申し出をしてみましょう。