増えるばかりではない!カードローンの限度額が減額されるのはどんな時?

皆さんの中には、カードローンの限度額というのは一度持ってしまえば自動的に増えていくもの、なんて思っている人もいるのではないでしょうか?

 

でも誤った使用を繰り返していたり、返済に関してトラブルを起こしていれば、信用問題に発展して借入限度額を減額されてしまうことだって有り得るのです。そこで今回は、具体的にどんなケースでカードローンの限度額は減額されてしまうのか、ご説明したいと思います。

 

遅延や滞納などの返済トラブルを起こしている場合

 

金銭取引上の「信用」によって、カードローンの限度額は決められています。つまり、利用者が返済について正確に約束を果たしてくれることを大前提として、その信用の上に成り立っているものです。

 

だからこそ、どんなに高収入で返済能力には何の問題もないような人であっても、返済日を守らなかったり延々と滞納してしまうようなルーズな状況であるならば、信用がおけない人物と見なされ、カードローンの限度額も減額されてしまうことになるのです。

 

もっとも、きちんと返済日を守って返済を続けている利用者は、このような心配をする必要はありません。毎月の返済金額と返済日を常に把握して、しっかりと約束を守りましょう。

 

借入総額が総量規制を超えてしまう場合

 

法律により総量規制が実施されるようになり、カードローンも含め各金融会社からの借入総額は年収3分の1までと制限されるようになりました。

 

ですから、もしも複数のカードローンを所持していたりすると、総量規制の限度を超えるような融資金額になってしまうことも起こり得るのです。

 

その場合は当然、限度額を年収3分の1の金額に収まるようにしなくてはなりませんから、各カードローン会社から減額を言い渡されるかもしれません。このような状況を回避したいのであれば、おまとめローンなどを活用し、複数のカードローンを1本化することが有効です。