カードローンの限度額を高くしたいと考えたら

カードローンの利用しようとする場合、限度額が気になりますね。カードローンの限度額は、カードローン会社nより異なりますますので、個別に確認が必要となります。

 

大きく分けて2種類のカードローンの違いを確認しておきましょう。総量規制の対象とるなか否かで借り入れの限度額が異なってきます。

 

1)消費者金融系のカードローンの場合

 

総量規制の対象となります。借り入れは「年収の3分の1まで」となります。

 

例)年収300万円なら、借り入れの限度額は100万円ということになります。

 

2)銀行系のカードローンの場合

 

総量規制対象外です。年収の3分の1までという条件はありませんので、それ以上を借り入れることができるということです(あくまでも可能性の話ということです)。限度額以上の借り入れを希望する場合は、銀行系のカードを利用するということになると思います。

 

借り入れの限度額を高くするには

 

限度額の設定が必ずしも最高額にならない。

 

この点、注意が必要です。審査によっては、最高の限度額に設定されない場合があります。例えば、最高限度額が500万円ということで、期待して申し込んでも審査結果によっては、それよりも低い限度額に設定されてしまうことがあるということは覚えておいてください。

 

限度額が高く設定可能な場合

 

1)十分な収入があること

 

2)利用実績

 

返済できるだけの能力があることが担保されてはじめて有利な限度額に設定されることを期待できます。収入アップが限度額アップの条件になります。

 

繰り返しカードローンを利用して返済をしっかりやっていると、それが優良な利用実績として評価されます。信用評価が高まるということです。

 

これが一番、現実的な方法と思います。