カードローンの限度額変更にまつわる情報

いままで一定の枠でカードローンを利用してきたけれど、限度額の変更を申し込みたいという場合があると思います。長くカードを使っている人なら一度は思うことではないでしょうか。

 

限度額の枠は変更できるものなのですが、条件に合致していない場合、審査落ちする可能性があります。ここではどういったケースがその「条件」に当たるのかを見ていきましょう。

 

返済が滞っていない人

 

当然ながら、限度額を変更するには、それまでの返済で遅延などの事故履歴がないことが最優先です。一度でも遅延をしたり、返済額を滞納したりした履歴があなたにあれば、限度額の変更は受け付けてもらえないといったケースも多々あります。

 

きちんと決められた期日までに一定額を毎月返済している人に資格があるので、これまで事故履歴もなければ滞納したこともないという人は申し込んでみましょう。

 

自分から行動しなければ限度額は変わらない

 

大切なことですが、カードローンの限度額の変更というのは、顧客が自分からオペレーターに電話をするか、ホームページから申し込みをしないかぎり変わることはありません。

 

カード会社から限度額の増額を提案されることはまずありません。限度額の変更はすべて自分から行動しなければ変わらないのです。

 

カードローンの限度額変更の目安時期

 

カードローンの限度額はいつ変更すればよいのでしょうか。例えばあるカード会社で初めてカードを作り、その当月中に限度額を変更したいと申し出てもそれは難しいでしょう。それは貸し借りの信用がまだないからです。

 

目安としては半年から1年ぐらい借り入れや返済をしてみて、そこで問題なくできていれば限度額の変更ができる可能性はあります。しかし、変更にはカード会社それぞれによって決まりも対応も違いますので注意はしてください。