気付いたらカードローンの限度額に達していたとき

カードローンはATMでも気軽に利用できる便利なものですが、だからといってあまりしょっちゅう使っていると、ふと気が付いたときにはすでに限度額に達していた…なんていう場合もあります。

 

限度額いっぱいになったら新たに借り入れをすることはできません。そうなってしまうと、もっとお金を借りたい場合に困ってしまいますよね。

 

他のカードローン会社を利用すればいいと考えるかもしれませんが、ちょっと待ってください。他の対処法もあるのです。

 

限度額を増やせないか交渉

 

限度額に達してしまったら、もうそのカードローンで借り入れはできない。普通であればそう思いますよね。でも、もしその限度額がカードローンの最高限度額よりも低い場合は、限度額を増やす交渉をしてみるといった手もあります。

 

安易に他のカードローンを利用すると、利息が高くなってしまう場合もあります。そんな損をしないためにも、まずは現在使っているカードローンの限度額を増やせないか交渉してみましょう。

 

おまとめローンを知っていますか

 

利用中のカードローンが限度額に達してしまったので、他のカードローン会社の利用を検討しているという人に知っておいてほしいのが、おまとめローンです。

 

おまとめローンのメリットは、金利が低くて返済が容易であるということ。さらに知っておくと良いのが、現行系のおまとめローンならば総量規制の対象外だということです。

 

つまり、年収の3分の1を超える額の借り入れも可能だということです。これは心強いですね。はじめから高い限度額で利用できるといったわけではありませんが、審査を受けてみる価値はあります。

 

カードローンの限度額がいっぱいになって困っているという人は、これらのことをぜひ覚えておいてくださいね。