フリーローンの利用限度額について

フリーローンに申し込んでカードを作った場合には利用の限度額が設定されます。

 

最初にカードを作った時点では利用限度額は低めに設定されているのですが、利用の履歴に応じて利用限度額を増やしていくことも可能です。

 

利用限度額については10万円を単位として増額されていくことがほとんどで、これは利用する人の信用度合いや利用状況によって異なります。

 

かなりの利用限度額の増額が可能となる場合もありますが、そのような場合については収入証明などの書類の提出を求められるのがほとんどです。

 

限度額を増額するための条件

 

カード会社が利用の限度額を上げることに問題がないと判断するための条件としては、まず1年以上にわたって借り入れを確実に返済していること、さらに今までに1度も返済を滞らせたことがないことなどがあげられます。

 

過去に返済を一度でも遅らせたことのある人の場合には信用情報にその旨が記載されているため増額は難しくなります。ですから普段の返済については確実に行うように注意する必要があるのです。次にカードを作ってから一定の取引をした履歴があって返済についても確実であることです。

 

これは作ってから一度も利用したことのない人の場合、実際に利用した際に確実な返済が行われるかどうかの判断がつかないからです。実際の取引の記録があれば返済についても確認ができますから、貸し手である会社側でも問題がないと判断して限度額の増額が可能になる場合が多いです。

 

実際の利用限度額の増額については、カードの更新などで自動的に増額される場合もありますし、利用者の申し込みによる場合もあります。

 

普段からの積み重ねる信用が重要

 

キャッシングカードを定期的に利用してさらにきっちり返済してくれる人というのは、フリーローンの会社側からすると貸し倒れの可能性も低くて積極的に融資をしたい優良顧客ということになります。

 

ですから普段からの利用については確実に返済をすることで信用情報を作っていくことが将来有利に利用するためには必要になるのです。